コロナウイルスによる新型肺炎の症状とは!?治る病なのか?

トレンド
© 2019 Pixabay
ぽん
ぽん

今話題のコロナウイルスについて調べてみました。

新型肺炎とは!?

今世間を騒がせている新型肺炎とは「新型コロナウイルス」によるものであると分かっています。それでは新型コロナウイルスとはどのようなウイルスなのでしょうか?

そもそもコロナウイルスとは?

CNN によると、

コロナウイルスとは、動物の間では一般的なウイルスのくくりで、人獣共通感染症と呼ばれるものである。

これはつまりどういうことかというと、

コロナウイルスはどんな動物も感染の可能性があるということ。

でも、コロナウイルスには種特異性というものがあり、それぞれ種族を超えての感染はほとんどないそうです。

コロナウイルスは家畜や野生動物などの、我々の周りに棲息するあらゆる動物に感染し、様々な疾患を引き起こすことも知られている。イヌ、ネコ、ウシ、ブタ、ニワトリ、ウマ、アルパカ、ラクダなどの家畜に加え、シロイルカ、キリン、フェレット、スンクス、コウモリ、スズメからも、それぞれの動物に固有のコロナウイルスが検出されている。

NIID 国立感染症研究所

しかし、中には種を超えて動物から人間に感染するウイルスもあり、それが今回の新型肺炎のような重症の肺炎を引き起こすらしいです。

2020/02/08追記
今回の新型コロナウイルスの原因はコウモリにあるかもしれないという説がネットで話題になっています。詳しくはコチラの記事をあわせてお読みください!

 

新型コロナウイルスについて

この新型コロナウイルスは、動物から人間に感染してしまったウイルスです。

しかもこれはヒトからヒトへも感染していきます。

新型コロナウイルスはSARS (サーズ) と呼ばれるコロナウイルスのいとこのような存在で、新しく発見されたものだそうです。

以前、コロナウイルスの一種である、このSARS (サーズ) ウイルスは2002年から2003年にかけて中国広東省で流行し、およそ774人の命を奪ったとされています。

新型肺炎の症状

WHO(世界保健機関) によると次のように発表されています。

今回のウイルスに感染して発症すると発熱やせき、それに息苦しさや、呼吸困難といった呼吸器の症状が出る

WHO=世界保健機関
ぽん
ぽん

肺炎なので呼吸器官がやられてしまうのですね。

今のところ治療不可

調べたところ、今のところ治療薬もワクチンもないようです。

2009年の豚インフルエンザが流行したときのように、また「マスク・パニック」が起こってもおかしくない状況になってきました。

はやめに備えたほうがよさそうです。

>>Amazonでマスクを探す

コメント

タイトルとURLをコピーしました