Zoom

【Zoom】URLからパスワードが要求されないのはなぜ?相手にパスワードを入力させる方法

せっかくパスワードを設定したのに、送ったURLだとパスワードが役に立っていない!
パスワードやミーティングIDはいつ必要になるの?

この記事では、Zoom(ズーム)のこんな悩みを解決していきます。

あなたがZoomのミーティングに招待したURLで、せっかく設定したパスワードやミーティングIDが聞かれない原因は、URLの中にパスワードとミーティングIDの情報を含めているからなんです。

それでは詳しく解説していきます。

zoom(ズーム)で自動生成されるURLの中身

zoomの招待メール

通常、パソコンから送られてくるzoomの招待メールは上の画像のようになっています。

この時すでに、ミーティングURLにはミーティングIDとパスワードの情報が含まれています

中身はこんな感じ。

Zoomで作られたURL

そう。

自動的に作られるURLには、もともとミーティングIDとパスワードが入っているから、パスワードを入力する必要がなくなるんです。

URLから入る相手にパスワードを入力させるには?

URLからZoomのミーティングに招待する相手に念のためにパスワードを入力させたいときもあるでしょう。

zoomのurlからパスワードの情報のみ削除する
そんな時は、上の画像のように招待用のURLから"pwd="以降の文字列を消して送りましょう!

そうすることで、あなたのURLからミーティングルームのパスワード情報が削除されます。

ミーティングIDも入力させたいときは?

こちらも、パスワードの情報を消すことと同じ要領で行います。
ZoomのURLからミーティングIDも入力させる方法

上の画像にあるように、11桁のミーティングID以降の文字列をURLからすべて消すだけです。

これで、そのURLから入る人は、

  1. ミーティングID
  2. パスワード

の2点を入力しなくてはなりません。

ぽん
このような処置をするだけでセキュリティがだいぶ向上します。

 パスワードは要求せずにミーティングIDだけ聞くことはできる?

ミーティングIDのみ要求することはできない

結論から言うと、ミーティングIDのみ要求するというURLの形は作ることができません

上の画像のように作ればいいと考えるかもしれませんが、このURLをクリックするとこのように「無効なミーティングIDです。(-1)」と表示されます。

無効なミーティングIDです。(-1)

参加者が困らないように、ちゃんと入れるURLを作りましょう。

まとめ:URLをSNSに流さない

zoomにはミーティングIDやパスワード機能が備わっているのにも関わらず、セキュリティ面がたびたび指摘されています。

しかし、ミーティングの主催者がミーティングIDとパスワードの情報を持つURLをネットに流していることも原因の1つです。

絶対に知らない人に入られたくないミーティングや、機密情報を扱う会議などでは、万が一URLが流出しても大丈夫なようにURLからパスワードの情報を削除して送ることをおすすめします!

また、セキュリティ面での向上に関しては、「待機室」という機能も便利なので有効にしておきましょう!

参考記事【Zoomの待機室】オンライン飲み会を安全に開催しよう!

あわせて読みたい記事一覧

関連記事【Zoom】ビデオ会議に使う通信量はどのくらい?それに合ったWi-Fiも紹介!

関連記事Zoomのおすすめヘッドセット3選!オンライン飲み会を静かにやるためのアイテム

ページトップへ戻る

ホームページに戻る

\この記事はどうでしたか/

-Zoom

Copyright© ぽんぽんびおドットコム , 2020 All Rights Reserved.